ゴルフ場用芝の施肥方法


◆リン酸吸収改善対策

●グリーンやティーグランドは、踏圧等により土壌が酸欠状態となり、PH値が急激に上昇し、強塩基になりやすくなる。結果、リン酸の吸収が悪くなり、根張りが悪くなる。
このような場合は、竹酢100倍液を0.5ℓ/㎡散布することによりPH値の矯正をしてリン酸の吸収を助け根張りを促進させ、芝の活力を増進させる。月1~2回全面に散布。グリーンセヴン1000倍液を加えると更に活力が増し、土壌の団粒化が促進する。


●コアリング時の改善

コアリング後、竹酢200倍液とグリーンセヴン500倍液を2ℓ/㎡注入し、更にバイオの土100g/㎡とココヤシ炭を200g施用、翌日苦土を50~100g/㎡散布することにより、土壌の団粒化が図られる。


◆フェアウェイ時の改善

フェアウエイには、竹酢300倍液とグリーンセヴン2000倍液を隔月定期的に散布する。

◆活性砂の作り方

砂1tにヤシ殻活性炭5Kg、バイオの土40~60Kg、グリーンセヴン500倍液10ℓ、竹酢200倍液10ℓを混合する。発芽・発根が良くなる。

◆活性砂の施用

活性砂は、春(芝が生長を始める頃)と11月中旬の年2回全面施用する。
※春ハゲ症、パッチ、雪腐れの防除に効果

◆芝の張替え時の施用

グリーン、ティーの張替え時は、粒度7~10mmの粉炭を1㎏/㎡、バイオの土0.2㎏/㎡入れ、竹酢100倍液とグリーンセヴン2000倍液を2ℓ/㎡散布し、耕運、ティラーがけをすると良い。ラフには粗めの粉炭を利用する。
※根の活着が良く、丈夫に育つ。