信州バイオファームの土つくり


●土つくりの様子

有機循環農業の要である、圃場整備と土つくりの状況をまとめてみました。
土につくりには、時間と資本をたっぷりと投入します。
土壌の従業員(微生物)に投資すると、おいしい野菜(リターン)があります。

● 暗染排水工事


2005年4月20日

最後の枝配管埋設工事が完了しました。


 ● 堆肥作り


2005年4月21日

畑で広葉樹の剪定枝粉砕と、米ぬか及びバイオの土善玉菌の素を混合して、約300トンの堆肥を作った時の様子です。


 ● 畝の深耕作業


2005年6月20日

バックホーによる、巾(1m)、深さ(80cm)の畝の深耕作業の様子です。


 ● 堆肥の畝投入


2005年7月15日

ショベルローダーにより、堆肥を深耕畝に施用しました。


 ● 盛り土のロータリー耕


2005年7月20日

盛り土に堆肥を入れ、ロータリー耕で混ぜました。


 ● 堆肥に溶リン施肥


2005年7月30日

深耕畝施用堆肥に溶リンを施用中です。


 ● 全面ローターリー耕


2005年8月10日

深耕、堆肥施用、埋め戻し後、45馬力のトラクターでロータリー耕作業をした時の様子です。


善玉そば殻堆肥散布中


2005年10月27日

善玉そば殻堆肥を、9反に約50トン散布しました。


 ● 善玉のそば殻堆肥散布後


2005年10月27日

善玉そば殻堆肥を施した上に、さらに米ぬかを散布した後、善玉菌の素100倍液を散布して、乳酸菌、酵母菌の増殖を図りました。


 ● 井戸ボーリング


2006年02月10日

50mのボーリングで毎分150リットルの地下水が湧き出しました。